換気設備で用いられるターボファンの特徴

各種の換気設備では、何らかのファンが排気用として使用されています。主にプロペラファン、シロッコファン、ターボファンという三種類のファンがあり、その中の何れかが用いられています。個々のファンには特徴がありますから、適材適所で使われることが一般的です。プロペラファンは風量に優れる反面、動作音が大きく、気密性のある場所にも向きません。気密性のある場所ではシロッコファンが有利になります。そしてターボファンは、この三種類の中では特に効率性に優れたファンになっています。動作音もプロペラファンより風切り音が少ないため、静穏性にも有利です。シロッコファンと同様に、排気管を用いたダクト排気にも適したファンですから、マンションなどの排気用としても活用されています。また、直接屋外に排気できることもターボファンの特徴です。

静圧に優れるターボファン

換気機器のファンにはいくつかの種類があり、設置環境により適切なタイプが使用されます。ターボファンもその中の一つです。このほかプロペラファンとシロッコファンもあります。プロペラファンは直接排気に高い効果を表わしますが、静圧が低いため、ダクト排気に使用されることはほとんどありません。シロッコファンは静圧に優れていますから、ダクト排気に向いています。ターボファンは形状的にシロッコファンに近いですが、シロッコファンよりも羽の幅が広く、後ろに向いた角度で羽が備わっています。そのことで排気効率が最も良好で、シロッコファンよりも静圧が優れるファンになっています。この静圧とは、風のように空気の流動がある時の動圧に対して、空気の流動が無い状態での圧力を指します。そのためターボファンは気密性が高い環境下での換気に効果を発揮します。

ターボファンのオススメポイント

ターボファンとは広範囲に送風することによって様々な効果をもたらす機器です。風の流れをコントロールすることで埃や煙が特定のところに溜まらないようにします。これによって効率的に換気することが出来ます。例えば飲食店の営業時間中に掃除機や箒を使って掃除を行うことは難しいですが、ターボファンで除塵することは可能です。お客さんに不快な印象を与えないように店内環境を整えるにはぴったりです。厨房ではどうしても熱がこもりがちになります。それもターボファンを用いて排熱すれば快適な環境で料理が出来ます。さらには適度に風の流れを作ることでエアコンなどの効果を高めることになります。室内の上部に風があるとエアコンから生まれた冷たい風が効率的に循環します。これにより、トータルの電気代で考えても安く抑えられるメリットがあります。

1960年に送風機の製造を開始して以来約50年、常に技術力、性能、品質の向上を図ります。 本社・工場は、埼玉県越谷市宮本町3-133に御座います。 設計、お見積りの際はご計画の詳細、・用途、・向け先、・数量、・能力などをご連絡ください。ご相談させていただきます。送風機とは、気体を移動させたり圧力を高めたりする機械です。 三上鉄工の製品は、効率アップと優れたコストパフォーマンスをお約束致します。 ターボファンのことなら三上鉄工株式会社にお任せ!